善玉菌と悪玉菌について説明します

人間の腸の中には多くの腸内細菌が住んでいて、人間の健康に大きな影響を与えています。その数は100種類以上、1兆個以上、重さにすると1キロ以上もあると言われています。その腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類があります。
kutiwarai
善玉菌は人間の健康に有用な働きをしてくれる腸内細菌のことです。免疫力を上げたり、コレステロールなどの排出、便秘の改善、ビタミンの製造などに関わっています。それに対して悪玉菌は、人間の身体に害をなす働きをする腸内細菌で、有害物質を作り出したり便秘になる、肌荒れや免疫力の低下によって病気にかかりやすくする、といった働きがあります。そして日和見菌は善玉菌と悪玉菌の、力が強い方の味方をする菌です。これらの最近のバランスは、善玉菌20:悪玉菌10:日和見菌70が一般的だと言われています。腸内環境を良くするためには、このバランスを善玉菌30:悪玉菌10:日和見菌50~60に保つことが良いと言われています。

善玉菌の代表的なものは、乳酸菌とビフィズス菌です。これらの善玉菌を増やすのに効果的なのが、乳酸菌サプリです。善玉菌を乳酸菌サプリで摂取するメリットは、生きたままの乳酸菌を腸まで届けることができることです。死んだ乳酸菌でも善玉菌を増やす効果はありますが、より効果的な働きを期待するなら、生きたままの乳酸菌の方が効果的だと言われています。また、乳酸菌サプリならば乳製品が苦手な人でも手軽に摂取することができます。体質によって乳製品ではお腹が緩くなってしまう人でも、乳酸菌サプリならば問題なく摂取できる人も多くいます。さらに乳酸菌は毎日摂取してこそ効果が表れてくるものです。毎日摂取するものなので、女性にとって気になるダイエットの面でも乳酸菌サプリのカロリーの低さは嬉しいポイントです。乳酸菌だけではなく、腸内環境の改善に役立つ栄養素などが一緒に含まれていることも、乳酸菌サプリを摂取するメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>