HDLコレステロールとLDLコレステロールの比較

コレステロールには善玉と悪玉があり、HDLコレステロールが善玉で、LDLコレステロールが悪玉になる。善玉のHDLは血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、肝臓に運ぶ役割を果たす。肝臓に運ばれたコレステロールは分解され、毒素の体内への蓄積を抑制する。

悪玉のLDLは善玉のHDLとは全く正反対の働きがあり、肝臓に蓄積しているコレステロールを体中に運ぶ役割を果たす。悪玉のLDLが増えると動脈硬化になり、健康に悪影響を及ぼすため、善玉のHDLを増やして、善玉と悪玉のバランスを整えることが必要になる。食物繊維が含まれている食品は善玉のHDLを増やす効果があるので、食物繊維を積極的に摂取すると、動脈硬化を防ぐことにつながる。

食物繊維が豊富に含有されている食品は緑黄色野菜である。海藻も食物繊維が豊富であるので、動脈硬化を予防するには最適である。タウリンも善玉のHDLを増やす作用があるため、タウリンを豊富に含んでいる食品を摂取することも動脈硬化の予防につながる。マグロやカツオなどの青魚にはタウリンが豊富に含まれており、善玉のHDLを増やすことに貢献する。

青魚にはタウリンの他にも、DHAとEPAが豊富に含まれている。DHAとEPAは善玉のHDLを増やす働きがあり、血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、血液をサラサラにすることができる。血液がサラサラになると脳内の血流が促進され、記憶力の向上や認知力の向上につながる。

このように、血管壁にこびりついているコレステロールを除去するためには、食物繊維やタウリン、DHAやEPAの成分を含んでいる食品をたくさん食べることが大切になる。これらの成分を食品だけで十分に摂取することは難しいが、サプリメントを摂取すると、食事だけでは不足するDHAやEPAなどの成分を手軽に補うことができる。サプリメントを摂取することは、動脈硬化の予防に大きく貢献する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>