作成者別アーカイブ: shoishoi

生理前のイライラを上手く解消する方法

sougentawa

女性は毎月やってくる生理周期の影響に伴い様々なトラブルを抱えています。PMSは生理が始まる約2週間前に訪れる、心や身体の様々な不調のことを言います。PMSの主な症状には乳房のハリや痛み・頭痛やむくみなどの症状があります。また眠気や不眠などの睡眠障害や便秘や下痢などの腸内不調もよくみられます。さらにはニキビの悪化や食欲の増進なども多いケースです。

PMSの精神的な症状にはイライラや憂うつを感じやすくなったり、集中力の低下や無気力などがあります。中には不安が高まる方や興奮気味になる女性もいるようです。このようなPMSの症状を緩和させるにはいくつかのポイントがあるようです。まずは日頃の食習慣を見直して正しい食生活への改善が効果的です。アルコールやカフェインなど身体に刺激的な物の摂取を出来るだけ避けて、お水やカフェインフリーのお茶などをたっぷりと頂きます。

そして過剰な塩分や糖分を含む食材を控えて、野菜や穀物など栄養バランスの整った食事を摂ることが大事です。特にPMSを和らげるのに効果的なのが大豆食品やビタミンB群やカルシウムが豊富な食べ物です。

また過度なストレスを受けないようにリラックス心がけて、身体を温めて質の良い睡眠を摂るのも効果的です。これらのライフスタイルの改善にプラスして、最近話題のPMSサプリを摂取するのが最もおすすめの方法です。PMSサプリにはチェストベリーや大豆イソフラボン・プラセンタやピクノジェノールなど女性に嬉しい美容成分を配合したタイプが人気となっています。これらのPMSサプリの多くは女性ホルモン・エストロゲンの活性化を促す効果が高く、生理前の不安定な体内バランスを整える作用があると言います。このような有効成分の作用でイライラを抑えて心の安定を保ちます。また乳房のハリや痛みを和らげて、頭痛や便秘・下痢などの症状を緩和します。

PMSと上手に付き合っていくためにはライフスタイルを少し工夫して、PMSサプリを習慣化することが効果的な方法だと言えます。

ED治療薬と精力剤を比較してみた

それぞれ成分などに違いありますので、必要に応じて比較して使い分けることが大切です。

精力剤には、すぐに効果が出るものと有効成分を摂取し続けることで改善していくものの二つに分かれます。ED治療薬は、医学的根拠がある成分が使われています。薬によって、使われている成分が違いますので確認しておくとよいです。
精力剤は、勃起しにくくなっているなどであれば利用したほうがいいですが、本格的に勃起できなくなっているのであればED治療薬のほうがいいといえます。

価格を比較してみると、精力剤は様々な種類があるので価格はバラバラです。ED治療薬は価格が決まっていますが、長期間使うとなれば費用がかかってしまいます。
手軽に入手するとなれば、精力剤のほうが優れているといえます。ED治療薬は医師から処方されれば本物を入手できます。今はインターネットを使って購入することもできますが、偽物を手に入れてしまう恐れがあります。
精力剤は、小規模の店でも置いてあることがありまたインターネットでも購入可能ですので、欲しい時に買えます。

高い効果があるED治療薬は、副作用が存在しています。ただし、それほど負担が大きい副作用はほとんどないといえます。全くないとはいえませんが、医師から処方されるものです。何かあれば医師に相談するとよいです。
精力剤は、使われているものによって効果が変わってきます。自然由来の成分が使われていることが多いので、基本的に副作用がないと判断できます。精力剤はしっかり信用できるメーカーのものを利用するとよいです。

比較していけば、きちんと男性機能を正常にするならばED治療薬のほうがいいと分かります。ただ、医師に相談するには抵抗がある人も多いので、症状が軽いならば精力剤を飲むということも間違いではありません。

男性機能の低下は、肉体だけではなく精神的なことも関わっているケースもありますので過剰に摂取しないことです。

HDLコレステロールとLDLコレステロールの比較

コレステロールには善玉と悪玉があり、HDLコレステロールが善玉で、LDLコレステロールが悪玉になる。善玉のHDLは血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、肝臓に運ぶ役割を果たす。肝臓に運ばれたコレステロールは分解され、毒素の体内への蓄積を抑制する。

悪玉のLDLは善玉のHDLとは全く正反対の働きがあり、肝臓に蓄積しているコレステロールを体中に運ぶ役割を果たす。悪玉のLDLが増えると動脈硬化になり、健康に悪影響を及ぼすため、善玉のHDLを増やして、善玉と悪玉のバランスを整えることが必要になる。食物繊維が含まれている食品は善玉のHDLを増やす効果があるので、食物繊維を積極的に摂取すると、動脈硬化を防ぐことにつながる。

食物繊維が豊富に含有されている食品は緑黄色野菜である。海藻も食物繊維が豊富であるので、動脈硬化を予防するには最適である。タウリンも善玉のHDLを増やす作用があるため、タウリンを豊富に含んでいる食品を摂取することも動脈硬化の予防につながる。マグロやカツオなどの青魚にはタウリンが豊富に含まれており、善玉のHDLを増やすことに貢献する。

青魚にはタウリンの他にも、DHAとEPAが豊富に含まれている。DHAとEPAは善玉のHDLを増やす働きがあり、血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、血液をサラサラにすることができる。血液がサラサラになると脳内の血流が促進され、記憶力の向上や認知力の向上につながる。

このように、血管壁にこびりついているコレステロールを除去するためには、食物繊維やタウリン、DHAやEPAの成分を含んでいる食品をたくさん食べることが大切になる。これらの成分を食品だけで十分に摂取することは難しいが、サプリメントを摂取すると、食事だけでは不足するDHAやEPAなどの成分を手軽に補うことができる。サプリメントを摂取することは、動脈硬化の予防に大きく貢献する。

コレステロールとりんごについて

リンゴはとても栄養価の高い果物で、ビタミンやミネラル、食物繊維の他にもクエン酸やリンゴ酸といった成分が豊富に含まれています。実だけではなく赤い皮にもアントシアニンという成分が含まれていて、リンゴは栄養豊富なだけでなく抗酸化作用といった働きも期待できるのです。

その他にもたくさんの栄養素が含まれているのですが、これらの栄養素は悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増やしてくれるという働きがあるとされています。

コレステロールを下げるリンゴの成分としてまずあげることができるのは、リンゴポリフェノールです。この成分は皮の部分に多く含まれていて、抗酸化作用が強いので活性酸素を排除してくれる働きがあります。活性酸素はコレステロールを増殖させる原因ですからこの働きによって必要以上に増加することを防いでくれるわけです。さらに腸内で悪玉コレステロールが吸収されるのを防いでくれて、余分なものは肝臓へと運んで身体の外へ排出するのを手助けしてくれます。
余談ですが、リンゴポリフェノールは強い抗酸化作用があるので、老化防止やアンチエイジングの効果も期待できるのです。

同じくリンゴの皮の部分に多く含まれていると成分でペクチンがあります。

ペクチンは果物に多く含まれている食物繊維の一種なのですが、コレステロールが過酸化脂肪に変化するのを防いだり、体内に吸収されてしまわないようにしてくれます。さらに胆汁酸を吸収して排出してくれるので、コレステロールを下げる効果が期待できるのです。

このようにリンゴのいろいろな成分によって悪玉コレステロールを下げることが期待でき、それによって動脈硬化などの予防につながりますので脳卒中や心筋梗塞といった病気の予防になります。さらに腸内環境を整えてくれる働きもあるので、便秘や下痢の予防にも効果的です。

リンゴは手軽に食べられる果物ですから、皮をむかずにそのまま食べるとよりよい働きが期待できます。

LDLコレステロールを下げる方法・食事・サプリのことなら【コレ捨て!】・・・http://www.kore-sute.net/

コラーゲンサプリメントの口コミを調査

sawayakagirl

コラーゲンは、皮膚の真皮や関節の靱帯、腱などに多く含まれる、タンパク質の一種です。
また、 骨や軟骨にも多く含まれています。

通常の食事では、なかなかコラーゲンを摂ることは難しい成分です。
ですから、コラーゲンを有意に摂取する場合、サプリメントが有効です。

コラーゲンサプリメントの効き目は、いろいろな研究者によって賛否両論です。
また、サプリメントを飲んでいる方の口コミでも、効果ありとする人や、効果なしと評価する人などさまざまです。
これほど、意見が割れるサプリメントもかなり珍しいものです。
コラーゲンやヒアルロン酸など、この種類のサプリメントは、効き目有り・効き目無しと意見が真っ二つなのが現状です。
これは、各個人の体質や感じ方に差が大きくでやすいからではないかと推測されます。
また、その人の健康状態にも拠るところが大きいものと推測されます。

だからといって、効き目無しと判断せず、先ずは試してみることが大切です。
中国の医食同源では、もし関節が痛ければ動物の関節部分を食すると良いといわれます。
また、心臓が悪ければ、動物のハツ(心臓)を食べると良いといわれます。
動物のハツを食べることで、人にとって心臓に有効な成分が取り入れられます。

ですから、中国の医食同源からすると、皮膚の健康を維持するためには、やはりコラーゲンと言うことになります。
ただし、コラーゲンを食事から摂るとなると、かなりの量の手羽先を食べる必要があります。
ですから、効率的にコラーゲンを摂る場合には、サプリメントが有効です。
このサプリを飲んで、効果が発現すれば、それはあなたにとって必要かつ重要なわけです。

もし、サプリを飲んで効果がなければ、それはあなたにとっては不要なのかもしれません。
もしくは日常の食生活で十分に足りているのかもしれません。
このような、個人によって差が大きく出やすいサプリは先入観をもたず、合うか合わないかを見極めることも大切です。

動物性コラーゲンの優れている点

bidha3_s

動物性コラーゲンは鶏や豚、牛や軟骨、動物の骨や皮などより抽出しているタンパク質です。優れている点としては、熱に対してとても強いというところです。加熱にもつよいので、加工がしやすくて、昔から使われているものでもあります。動物性コラーゲンの長所として上がられるのは、やはり熱に強いということであり、そのため加工には最適です。商品としてもゼラチンや化粧品などにも含まれていて、市販されています。

動物性コラーゲンはコスト的にも抑えることが出来るために、配合した化粧品やゼラチンなどの販売価格も、割と安く設定されていることが多いです。もしも体内で吸収されない分は、蓄積されないで尿などとなり、体の外へと出ていきます。

優れているところも多い反面で、独特の臭みがあるのも特徴的です。濃度が濃くなった場合にですが、原料は動物性であるために、独特の臭みは強めに出ることがあります。鶏や豚、牛などの動物がメイン原料ですが、だいたい38度くらいの体温を保つ生きものです。

しかし人間は36度くらいが、平均的な体温になります。ヒトの体温よりも、さらに高い体温を維持するものより抽出をしているために、人間の体内においては、消化吸収は非効率でもあります。摂取してからの消化や、吸収といった工程に関しては、ゆっくりとした時間がかかります。

動物性であるために、カルシウムや脂肪説いた成分が入りますから、成分的な純度は低くなります。必要量をそのまま摂取しようと試みるには、大量すぎるので無理があります。動物性コラーゲンは、近年においては、鶏や豚がメインの原料として使われています。

もともと人間の体内に存在するコラーゲンは、人間の体にも必要なものです。真皮層に存在していて、皮膚には若々しいハリをもたらしてくれます。毛髪の健康にも役立つものですから、必要量を満たしていることで、髪の毛には艶が出てきて、なめらかであり、美しい髪の毛を維持することにもなります。

水素サプリにはどんな効果があるの?

健康や美容に良い効果がると人気の高い水素水ですが、どのようなものかと言うと水素分子を含んだ水のことです。体内に取り入れると老化や病気の原因となるとされている活性酸素と結びついて体外に排出させる作用があります。そのため抗アレルギー作用、抗炎症作用があるとされるのに加えて基礎代謝促進効果、脂肪代謝促進効果、血圧の抑制効果、生活習慣病改善効果も期待できるとされています。

水素水は無味無臭で人体にも無害であるだけでなく、活性酸素を除去する力が強すぎないため免疫などに必要な善玉活性酸素はそのままに、細胞や遺伝子に悪影響を与える悪玉活性酸素だけを体外に排出してくれるのです。健康維持や体質改善のためには体に余分な活性酸素をため込まないことが大切なのですが、年齢を重ねるとともに活性酸素の除去機能が衰えてきてしまいます。

そこで水素水を利用することで体内の活性酸素を除去することができることから、水素水の人気が高くなったのです。体質改善のためなどに水素水を摂取するとなると1日に数リットルの摂取が必要となってくるため、十分な量を摂取することが難しいことがあるのですが効率的に摂取する方法には水素水サプリの利用があります。水素水サプリは水素を凝縮してそれを固体化したもので、誰でも簡単に摂取することができるように作られています。

これならば1日に数錠を摂取することで十分補っていくことができるようになりますから、1日に何リットルも飲むことができないと言う人にもおすすめです。毎日継続して摂取することで体内の悪玉活性酸素を除去することができるようになるため活性酸素によって起こるとされるアレルギーや肌のシミやくすみなどと言った肌トラブルを改善する効果や悪玉活性酸素によって引き起こされていた細胞の新陳代謝や基礎代謝の低下を改善する効果、新陳代謝が促進されるためアンチエイジング効果など美容面や健康面での効果を得ることができるようになります。

水素水を飲むのがオススメな人とは?

年々、体が疲れやすくなってきたと感じていませんか。若いころはどれだけ動いても息が切れたりしなかったのに、今では息切れしやすくなったと感じている人は少なくないかもしれません。また、肌荒れがひどいと感じていないでしょうか。良く肌が荒れてしまい、痛みまであって困っていると言う人もいるはずです。化粧品を変えることを考えてしまいがちですが、体質を変えることを考えたほうがいいでしょう。

このような人々は、別々の対処をしたほうが良いと思われがちですが、実は体内にある活性酸素が原因であるので、同じ対処をしましょう。活性酸素が体内に増えることで、疲れやすくなってしまったり、肌荒れがひどくなったりしてしまいます。

このほかにも、ダイエットしてもなかなか痩せない人にもオススメです。体が痩せにくくなっているのは、活性酸素が原因でしょう。活性酸素を取り除く方法はいくつかありますが、もっとも優秀と言われているのが水素水です。

最近は、アルミパウチやサーバーなどを見ることが多くなりました。水素水を飲む人が増えたからでしょう。飲むだけで活性酸素を無害な水に変えてしまうので、人気に火が付いたのかもしれません。また、疲れやすかったり、肌荒れが気になったり、痩せにくいというような体の不調を抱えている人も多いでしょう。活性酸素は、体のさびと言われておりないほうが良いものです。体内で正常な細胞や遺伝子などを攻撃してしまうので、なるべく減らしませんか。

水素水を飲むだけなら、簡単ではないでしょうか。携帯できるサーバーなども販売されていますので、自分で作りたての水素水を飲むのも良いかもしれません。毎日、続けることがポイントです。すでに、かなり疲れやすかったり、肌荒れが慢性化しているなど悩みを抱えているのならば、早めに始めたほうがいいでしょう。飲むタイミングもいつでも構いません。これなら、毎日続けやすいでしょうから、体の不調なども解消されていくでしょう。

運動でロコモ予防を

hidaita2_s

健康を阻害する3大因子として、①認知症②メタボリックシンドローム③ロコモティブシンドロームがあります。メタボリックシンドロームは通称メタボと世間では言われており、主に食事での生活習慣病により内臓系統の問題です。それに対して、このロコモティブシンドロームは通称ロコモと言われています。これは主に運動不足による生活習慣病で運動器系統の問題です。

運動器というのは、骨や関節、筋肉、靭帯、神経といった人間の身体の動きを担当する組織・器官のことです。この運動器の障害により、要介護になるリスクが高い状態になることをロコモティブシンドロームと呼ぶのです。対象者の比率として、日本全国40歳以上の4700万人(男性2100万人、女性2600万人)が推定されています。約3人に1人が発症する可能性があるということです。70歳以上に限ると95%の方が該当するとも言われています。

このロコモの原因として①骨・関節の病気②筋力低下③加齢が主に上げられます。歳を重ねると骨粗鬆症や関節の変形などが見られ、それに伴い運動量が減少し筋力低下が出現します。その状態で少しずつ老化し悪循環した体を作ってしまうのです。

ではこのロコモを予防するにはどうすればいいか。まずは栄養です。食事こそ体作りの基本であり、運動をするのもしっかり栄養を蓄えた状態でなければ効果も半減してしまいます。骨の成長を促すならカルシウムやビタミンの摂取。筋肉を成長させるなら動物性と植物性のタンパク質をバランスよく摂らなくてはなりません。

次に重要な項目が運動です。現在の状態を評価する目的で7つのロコチェックというものがあります。まずはそれに該当するのかどうかを調べてみましょう。予備軍となっていたら、推奨されているロコモーショントレーニングを実践してみましょう。グレードに分けて提唱されているので実践してみてください。

ロコモを予防するためにはまず栄養をしっかり蓄え、そのうえで運動を実践していくことが予防策となります。

女性に人気の青汁!美肌にも良い?

aosiru6_s

青汁は手軽に野菜不足を補って健康な身体の維持をサポートしてくれる定番の健康食品として多く人々に飲まれていますが、近年は美容にも多大な貢献をしてくれる健康食品として女性の人気も集めています。
多くの女性に支持されている理由は、まず青汁を毎日飲むことで高い美肌効果が期待できることが挙げられます。
現在では数多くのメーカーから青汁が販売されており、主原料もケールや大麦若葉、明日葉など様々なものが用いられていますが、主原料の野菜はビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、βカロテン、鉄・カルシウムなどのミネラル類が豊富に含まれていることで共通しており、これらの栄養素はそれぞれキメ細やかでハリのある肌を保つために活躍してくれます。

たとえば、ビタミンCは、肌のハリと弾力を維持するために大切な肌成分であるコラーゲンの生成を助けるとともに、シミの原因となるメラニンをつくる酵素を阻害する働きがあります。
また、βカロテンは皮膚の粘膜をつくるために必須の栄養素であるビタミンAの不足を補うとともに、肌の保湿を担う天然保湿因子(NMF)の生成を促す働きがあります。

ビタミンB群は、糖や脂質、たんぱく質などの代謝や赤血球の合成などに関わる重要な栄養素なので、ビタミンCやβカロテン、鉄などの栄養素と力を合わせて肌のターンオーバーを安定させてハリと潤いのある肌を維持し、肌のバリア機能を正常に保ってくれるのです。
さらに、ビタミンCやβカロテン、ビタミンEは「抗酸化ビタミン」と呼ばれており、肌の老化を促す活性酸素を取り除いてくれるので、毎日青汁で抗酸化ビタミンを効率よく摂取することでアンチエイジング効果が期待できます。

このように、青汁は女性に嬉しい美肌効果の高いビタミン・ミネラルが豊富に含まれていますが、食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維は体内の有害な物質を吸着して便とともに排出を促すデトックス効果があり、腸内環境を整えて肌のバリア機能の低下させる有害物質をつくる悪玉菌を減らす作用があるので、特に便秘気味の女性の方は毎日青汁を飲むのがお勧めです。