月別アーカイブ: 2016年2月

HDLコレステロールとLDLコレステロールの比較

コレステロールには善玉と悪玉があり、HDLコレステロールが善玉で、LDLコレステロールが悪玉になる。善玉のHDLは血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、肝臓に運ぶ役割を果たす。肝臓に運ばれたコレステロールは分解され、毒素の体内への蓄積を抑制する。

悪玉のLDLは善玉のHDLとは全く正反対の働きがあり、肝臓に蓄積しているコレステロールを体中に運ぶ役割を果たす。悪玉のLDLが増えると動脈硬化になり、健康に悪影響を及ぼすため、善玉のHDLを増やして、善玉と悪玉のバランスを整えることが必要になる。食物繊維が含まれている食品は善玉のHDLを増やす効果があるので、食物繊維を積極的に摂取すると、動脈硬化を防ぐことにつながる。

食物繊維が豊富に含有されている食品は緑黄色野菜である。海藻も食物繊維が豊富であるので、動脈硬化を予防するには最適である。タウリンも善玉のHDLを増やす作用があるため、タウリンを豊富に含んでいる食品を摂取することも動脈硬化の予防につながる。マグロやカツオなどの青魚にはタウリンが豊富に含まれており、善玉のHDLを増やすことに貢献する。

青魚にはタウリンの他にも、DHAとEPAが豊富に含まれている。DHAとEPAは善玉のHDLを増やす働きがあり、血管壁にこびりついているコレステロールを取り除き、血液をサラサラにすることができる。血液がサラサラになると脳内の血流が促進され、記憶力の向上や認知力の向上につながる。

このように、血管壁にこびりついているコレステロールを除去するためには、食物繊維やタウリン、DHAやEPAの成分を含んでいる食品をたくさん食べることが大切になる。これらの成分を食品だけで十分に摂取することは難しいが、サプリメントを摂取すると、食事だけでは不足するDHAやEPAなどの成分を手軽に補うことができる。サプリメントを摂取することは、動脈硬化の予防に大きく貢献する。

コレステロールとりんごについて

リンゴはとても栄養価の高い果物で、ビタミンやミネラル、食物繊維の他にもクエン酸やリンゴ酸といった成分が豊富に含まれています。実だけではなく赤い皮にもアントシアニンという成分が含まれていて、リンゴは栄養豊富なだけでなく抗酸化作用といった働きも期待できるのです。

その他にもたくさんの栄養素が含まれているのですが、これらの栄養素は悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増やしてくれるという働きがあるとされています。

コレステロールを下げるリンゴの成分としてまずあげることができるのは、リンゴポリフェノールです。この成分は皮の部分に多く含まれていて、抗酸化作用が強いので活性酸素を排除してくれる働きがあります。活性酸素はコレステロールを増殖させる原因ですからこの働きによって必要以上に増加することを防いでくれるわけです。さらに腸内で悪玉コレステロールが吸収されるのを防いでくれて、余分なものは肝臓へと運んで身体の外へ排出するのを手助けしてくれます。
余談ですが、リンゴポリフェノールは強い抗酸化作用があるので、老化防止やアンチエイジングの効果も期待できるのです。

同じくリンゴの皮の部分に多く含まれていると成分でペクチンがあります。

ペクチンは果物に多く含まれている食物繊維の一種なのですが、コレステロールが過酸化脂肪に変化するのを防いだり、体内に吸収されてしまわないようにしてくれます。さらに胆汁酸を吸収して排出してくれるので、コレステロールを下げる効果が期待できるのです。

このようにリンゴのいろいろな成分によって悪玉コレステロールを下げることが期待でき、それによって動脈硬化などの予防につながりますので脳卒中や心筋梗塞といった病気の予防になります。さらに腸内環境を整えてくれる働きもあるので、便秘や下痢の予防にも効果的です。

リンゴは手軽に食べられる果物ですから、皮をむかずにそのまま食べるとよりよい働きが期待できます。

LDLコレステロールを下げる方法・食事・サプリのことなら【コレ捨て!】・・・http://www.kore-sute.net/

コラーゲンサプリメントの口コミを調査

sawayakagirl

コラーゲンは、皮膚の真皮や関節の靱帯、腱などに多く含まれる、タンパク質の一種です。
また、 骨や軟骨にも多く含まれています。

通常の食事では、なかなかコラーゲンを摂ることは難しい成分です。
ですから、コラーゲンを有意に摂取する場合、サプリメントが有効です。

コラーゲンサプリメントの効き目は、いろいろな研究者によって賛否両論です。
また、サプリメントを飲んでいる方の口コミでも、効果ありとする人や、効果なしと評価する人などさまざまです。
これほど、意見が割れるサプリメントもかなり珍しいものです。
コラーゲンやヒアルロン酸など、この種類のサプリメントは、効き目有り・効き目無しと意見が真っ二つなのが現状です。
これは、各個人の体質や感じ方に差が大きくでやすいからではないかと推測されます。
また、その人の健康状態にも拠るところが大きいものと推測されます。

だからといって、効き目無しと判断せず、先ずは試してみることが大切です。
中国の医食同源では、もし関節が痛ければ動物の関節部分を食すると良いといわれます。
また、心臓が悪ければ、動物のハツ(心臓)を食べると良いといわれます。
動物のハツを食べることで、人にとって心臓に有効な成分が取り入れられます。

ですから、中国の医食同源からすると、皮膚の健康を維持するためには、やはりコラーゲンと言うことになります。
ただし、コラーゲンを食事から摂るとなると、かなりの量の手羽先を食べる必要があります。
ですから、効率的にコラーゲンを摂る場合には、サプリメントが有効です。
このサプリを飲んで、効果が発現すれば、それはあなたにとって必要かつ重要なわけです。

もし、サプリを飲んで効果がなければ、それはあなたにとっては不要なのかもしれません。
もしくは日常の食生活で十分に足りているのかもしれません。
このような、個人によって差が大きく出やすいサプリは先入観をもたず、合うか合わないかを見極めることも大切です。