動物性コラーゲンの優れている点

bidha3_s

動物性コラーゲンは鶏や豚、牛や軟骨、動物の骨や皮などより抽出しているタンパク質です。優れている点としては、熱に対してとても強いというところです。加熱にもつよいので、加工がしやすくて、昔から使われているものでもあります。動物性コラーゲンの長所として上がられるのは、やはり熱に強いということであり、そのため加工には最適です。商品としてもゼラチンや化粧品などにも含まれていて、市販されています。

動物性コラーゲンはコスト的にも抑えることが出来るために、配合した化粧品やゼラチンなどの販売価格も、割と安く設定されていることが多いです。もしも体内で吸収されない分は、蓄積されないで尿などとなり、体の外へと出ていきます。

優れているところも多い反面で、独特の臭みがあるのも特徴的です。濃度が濃くなった場合にですが、原料は動物性であるために、独特の臭みは強めに出ることがあります。鶏や豚、牛などの動物がメイン原料ですが、だいたい38度くらいの体温を保つ生きものです。

しかし人間は36度くらいが、平均的な体温になります。ヒトの体温よりも、さらに高い体温を維持するものより抽出をしているために、人間の体内においては、消化吸収は非効率でもあります。摂取してからの消化や、吸収といった工程に関しては、ゆっくりとした時間がかかります。

動物性であるために、カルシウムや脂肪説いた成分が入りますから、成分的な純度は低くなります。必要量をそのまま摂取しようと試みるには、大量すぎるので無理があります。動物性コラーゲンは、近年においては、鶏や豚がメインの原料として使われています。

もともと人間の体内に存在するコラーゲンは、人間の体にも必要なものです。真皮層に存在していて、皮膚には若々しいハリをもたらしてくれます。毛髪の健康にも役立つものですから、必要量を満たしていることで、髪の毛には艶が出てきて、なめらかであり、美しい髪の毛を維持することにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>