乳酸菌の過剰摂取は良くない?

bidha3_s

腸内環境を改善することで免疫力を上げ、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の発症を抑えたり、風邪や感染症などにかからなくなったり、がんの発生を抑制したり、コレステロールを排出したり、便秘や肌荒れの解消など私たちの健康や美容に大きな影響を与えていると言われている乳酸菌。どれだけ身体に良いと言われているものにも適量というものがあり、過剰摂取してしまうことで本来の働きとは別に身体に悪影響が出てしまうことがありますが、乳酸菌の過剰摂取をしてしまうことで何か身体に問題は出てくるのでしょうか。

結論から言えば、乳酸菌の過剰摂取に問題はありません。摂取しすぎたとしても腸内細菌として腸内に定着することもなく、便として排出されてしまうからです。体質によってはお腹が緩くなる人もいるかもしれませんが、過剰摂取による大きな副作用の被害などは報告されていません。どちらかと言えば不足している人の方が大多数のため、乳酸菌は積極的に摂取した方が良いものです。しかし、乳酸菌の摂取方法によっては過剰摂取が問題になることがあります。手軽さや乳製品が苦手な人でも摂取できることから人気のものに乳酸菌サプリがあります。乳酸菌サプリならば1日数個飲むだけで1日に必要だと言われている乳酸菌を摂取することが可能ですし、持ち運びも簡単にできる点が人気です。

参考サイト:【乳酸菌サプリメントのソムリエ】乳酸菌の種類・効果・効能まるわかり

しかし、乳酸菌が多く含まれている代表的な食べ物であるヨーグルトを1日に必要な乳酸菌が入っているだけ食べるとすると、それだけでお腹いっぱいになり、他のものを食べることなどできなくなってしまいます。さらにヨーグルトの脂肪分などでカロリーオーバーになって肥満の原因になったり、糖分を使用しているヨーグルトも多いため、虫歯の原因にもなってしまいます。そのため、腸内環境を良好に保ちながらもカロリーをセーブしたり、他の食べ物をしっかりと摂取するためには、乳酸菌サプリを利用するのが一番簡単で効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>